カルクヒトフリ

​それが料 理を変える

​MEGUSUTA 食べるスパイス

​食べるスパイスとは?

​別名:毛沢東スパイス

MEGUSTAグループ全店で隠し味や盛り付けに使用。

スパイスおかわりのお客様も多数いるとか、いないとか。

 

中国の思想家・毛沢東の故郷である湖南地方で古くから親しまれる"湖南料理"。

"湖南"は、激辛料理で知られる四川省の少し下に位置し、その影響を強く受けています。

湖南料理もスパイスを豊富に使った料理が多く、毛沢東の大好物でもあったことからスパイスに「毛沢東」の名が付きました。

そのスパイスをメグスタの料理人達がアイディアを出し合い、どの料理にも合う「食べるスパイス」として生まれ変わらせました。

​料理使用例

​きんぴら各種

オイルパスタ

​ポテトサラダ

​カルパッチョ各種

魚料理(塩焼き)

ポークステーキ

※数種類のスパイスを配合しています。辛い食べ物が苦手な方、お子様へのお食事はご遠慮ください。

※写真はあくまでも調理例です。写真の他にも組み合わせ次第で様々なベストマッチがございます。

​ お客様のいい組み合わせを発見してみてください。

1pac¥450

2pac¥850

3pac¥1,050

3pacまとめて購入がお得!

​MEGUSTA original blend

​食べるスパイス

※写真は賄いで食べる卵かけご飯に、食べるスパイスをふりかけています。

※実は納豆にも合います。

​※価格は全て税別、送料別です。

© 作ったのはMEGUSTA美術部です。